最近若い女性に増加してるのがクラミジア感染症です。
クラミジア・トラコマチスという種類であらゆる性行為で感染します。
オーラルセックスの場合は咽頭に感染する場合もあります。
日本で最も多い感染症で感染者数は100万人を超えるといわれています。
その症状は男性の場合、尿道の不快感やかゆみ、尿道から膿が出てきたり発熱することもあります。
女性の場合はおりものが増えたり、下腹部の痛みなどがあります。
男女ともに自覚症状がなかったり、単なる体調不良とされ感染していると気づかないことが多いようです。
そのため被害が拡大されるケースも多くあります。
クラミジア感染症を治療せず放置しているとエイズウイルス、淋病などの他の性感染症の感染率が3~5倍となってしまいます。
何か違和感があるなら病院へ行って検査することが必要になります。
その検査方法は男性は尿、女性は子宮頸管の分泌液を採取して行います。
検査でクラミジアと診断された場合、抗生物質による治療を行います。
従来使われていたクラリスロマイシンに代わり、近年注目され多く使われるようになった抗生物質があります。
それがマクロライド系のジスロマックです。
性病治療のジスロマックとはどんな特徴があるのかといえば、1番にあげられるのが大容量の服用が必要ですが1回の服用でよいという点です。
今まで主流だったクラリスロマイシンは2週間は服用する必要がありました。
そのため飲み忘れたり、服用している間に患者の勝手な判断で服用をやめてしまったりして完治しないまま治療を終わらせてしまうという問題がありました。
一方ジスロマックは1回の服用で1週間程度効果が持続するためその心配はありません。
しかし1回の服用で完全に完治したかどうかは病院で検査しないとわかりません。
医師の指示に従い服用し、完治と言われるまで病院に通う必要があります。

~参考サイト~
バルトレックス:バラシクロビル│通販でヘルペス・帯状疱疹を治療
ゾビラックスの個人輸入・通販